ボイトレ情報

【響くものじゃない】「鼻腔共鳴が響かない」は当然って話

 こんにちは、音博士(@otohakase1205)です。

研究サロンへのご加入はこちらから。


Twitterから質問をいただきました。

こんな症状だそうです。

ここでは、「鼻腔共鳴ってなに?」という話をします。

鼻腔共鳴ってなに?

「鼻腔共鳴」とは、「鼻腔」で「共鳴」です。

この鼻甲介という部分から、その奥の耳管咽頭口のあたりまで

これが鼻腔です。つまり鼻の奥にある空間ですね。

あんまり正確に場所を知る必要はないので、なんとなく「鼻水が溜まる空間」程度に覚えておいてください。


そして共鳴とはこの部分に音の振動が響き、増幅することです。

響かないのが正解って話

「響いてる」は感じられない

鼻腔は音が反響しても、「響いてる感じ」はしません。

鼻腔に限らず、胸腔でも同じです。

日常で発している声にも「響き」はありますが、「今、声が響いてるな〜。」なんて感じません。

それが普通です。

 もちろん頑張れば「響いてんな〜」と感じるくらいに響かせることもできますが、それはもう「響きを感じること」が目的になっているので、響かせてる意味がありません。

そういうわけなので、

「響いてる感じがしない!!!!」

なんて考えて、やみくもに頑張るのはやめましょう。

それよりも感じべきは、

「鼻よく通ってんな〜」

です。

鼻腔は空間です。
反響しているときは、つまり振動が伝わっています。

振動を感知するのは無理ですが、振動が伝わると「鼻がよく通る」という現象が起きます。

詳細はこちらの記事をご覧ください。
(※完成次第リンクが繋がります。)

鼻腔共鳴の練習方法

そういうことなので、鼻腔共鳴を練習するために必要なのは「鼻が通る歌い方」です。

詳細は「鼻腔共鳴の練習方法」をご覧ください。

鼻が詰まっているなら、鼻を通す

鼻が詰まってるなら、まず鼻を通して息が通るようにしましょう。

先ほどのハミングの記事がおすすめです。

「普段鼻詰まってるけど、歌ってると通るんだよね」という人

鼻腔共鳴できています。

納得できない場合はおそらく鼻腔共鳴以外の部分にも課題があるので、探してみましょう。

「別に鼻はつまらんけど鼻腔共鳴できてると思ったことない」ていう人

体質にもよるので断言はできませんが、実はできているのかもしれません。

もちろん「全てが鼻腔共鳴のおかげ!」ではないと思いますので、よく通るように歌ってみましょう。

そして可能であれば「頼っている他の部分」を探し出して、頼らないように歌ってみましょう。

ABOUT ME
音博士
1996年12月5日生まれ。 3歳からYAMAHAに通い絶対音感を取得。 高校生の頃から絶対音感の構造を考えており、大学生の時に友人と絶対音感を取得する方法を確立。 2020年に自身の研究所を立ち上げる。
研究サロン

音博士の研究サロン

「正しい情報さえあれば、一人でも練習を続けられる」という人向けの有料サロンを開設いたしました。

サロン内にあるチャンネル一覧画像

今の自分に必要な知識・欠点や最適な練習方法を受け取ることができます。

対面でのレッスンやトレーニングではなく、情報やコンサルティングのみを行っています。

>> サロンの詳細・加入はこちら

音博士
石原光貴
3歳からYAMAHA音楽教室にて音楽を始める。 高校生の頃から自分・友人の体を使って構造的に発声理論を研究。 大学入学と同時に絶対音感の研究を始め、「絶対音感の作り方」を作成。 20歳よりボイストレーナーとして活動している。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です