カラオケ

【誤解されがち】天然ミックスボイスの可能性が高い歌手・アーティスト

こんにちは、音博士(@otohakase1205)です。

音博士の研究所ではボイストレーニングを中心に、音楽のあらゆる知識・研究を紹介しています。

研究サロンへのご加入はこちらから。


ここでは、天然ミックスボイスの可能性が高いアーティストを何人か紹介します。

僕は基本的に、「天然ミックスボイスは環境によって作られる」と考えており、そのため「こんな共通点があるはず」という仮説を立てています。

詳細は「天然ミックスボイスの作り方」にまとめてありますが、

ここでは「これが天然ミックスボイスだ」というアーティストと音源を集めました。

天然ミックスボイスのアーティスト

岩沢 厚治さん / ゆず

「ゆずの声が高い方」として有名な岩沢さんです。
ちなみに僕が一番好きなアーティストで、初めてアルバムを買ったアーティストでもあります。

天然ミックスボイスの雰囲気を少しでも掴んでいる人なら、聞いた瞬間に「天然だ!」とわかるかもしれませんが、以下にわかりやすい高音を用意したのでご確認ください。

岩沢さんのミックスボイス

HAMOという曲の1パートをレコーディングされている映像です。
声が綺麗ですね。

そもそも歌が上手すぎる上に「もう一回お願いします」とか言っちゃってて意味わかりませんが、この声こそが天然ミックスボイスの特徴です。

岩沢さんは学生時代ラグビー部に所属されていたそうで、当時から結構声を張る環境だったのかもしれないですね。

岩沢さんの話し声

ちなみに岩沢さんは話し声と歌声が全然違います。

この「話し声と歌声が全然違う」現象は、天然ミックスボイスではなく「歌声そのもののクオリティ」が違うからなので、ご注意ください。

声優なら話声のクオリティが上がるかもしれませんが、歌手は歌声のクオリティだけ高くなって話し声と乖離する人も多いです。

小田和正さん

「言葉にできない」で有名な小田和正さんです。

現在73歳ですが、現役で昔と変わらないクオリティの歌声を維持されています。

よく誤解されているアーティスト

「天然ミックスボイス」だけではプロになれない

そもそも前提として、「天然ミックスボイス」というだけではプロになれません。

天然ミックスボイスは「歌が上手い」わけでもなければ「声質が良い」わけでもなく、あくまで「高い声が出る」だけです。

上に述べた方達も含めてプロとして活動できているのは「本人がそれを超える努力をした」だけのことであり、それは「天然ミックスボイスじゃない人」と全く同じです。

よく誤解されているアーティスト

よく「この人は天然のミックスボイスだ!」と誤解されている人を以下にまとめました。

ここで紹介させていただく方たちに能力がない」という意味ではなく、むしろ「天然だと勘違いされるほど技術レベルが高い」ということです。

大森元貴さん / Mrs.Green Apple

高校卒業と同時にメジャーデビューした、僕と同い年なのにめちゃくちゃ結果を出している人です。

デビュー当初から「天然のミックスボイスだから高い声が出るんだ」という声がたくさんあったのですが、声や歌い方は天然の人とは全く違うので、

おそらく練習して高音を習得した人工ミックスボイスだと思われます。

これはデビュー前、高校生の時のライブ映像です。

今と比べると多少不安定なものの、安定した高音を扱っているのがわかります。

18歳で高音を扱える人は結構珍しいので、自然とそういう見方が増えたのでしょう。

斎藤宏介さん / UNISON SQUARE GARDEN

歌声が綺麗!とよく話題になっています。
聞いているとかなり天然ミックスボイスに近いのですが、彼は歌い方的にも天然ではない可能性が高いです。

詳細は割愛しますがこのように、昔はかなり頑張って高音を出している時期もありました。

一度喉を壊し、復帰する際に発声を見直して現在の状態になったとどこかのインタビューで言っていたと思います。

まとめ

まとめておいてですが、「天然ミックスボイスと全く同じ条件」は再現できます。

声真似が上手な人が出し方を弄りまくって天然ミックスボイスと全く同じ条件を再現した場合、多分僕は判別できなくなります。


重要なのは「天然か人工か」や「ミックスボイスかそうじゃないか」ではなく「結果この人はどういう状態なのか」です。

そういうことなので、ゆずがお好きな方は一緒にカラオケいきましょう。Twitterから是非話しかけてくださると嬉しいです。

ABOUT ME
音博士
1996年12月5日生まれ。 3歳からYAMAHAに通い絶対音感を取得。 高校生の頃から絶対音感の構造を考えており、大学生の時に友人と絶対音感を取得する方法を確立。 2020年に自身の研究所を立ち上げる。
研究サロン

音博士の研究サロン

「正しい情報さえあれば、一人でも練習を続けられる」という人向けの有料サロンを開設いたしました。

サロン内にあるチャンネル一覧画像

今の自分に必要な知識・欠点や最適な練習方法を受け取ることができます。

対面でのレッスンやトレーニングではなく、情報やコンサルティングのみを行っています。

>> サロンの詳細・加入はこちら

音博士
石原光貴
3歳からYAMAHA音楽教室にて音楽を始める。 高校生の頃から自分・友人の体を使って構造的に発声理論を研究。 大学入学と同時に絶対音感の研究を始め、「絶対音感の作り方」を作成。 20歳よりボイストレーナーとして活動している。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です