ボイトレ情報

【野球部に多い】天然ミックスボイスの作り方

この記事の平均読了時間
の目安は1分14秒です。

 こんにちは、音博士(@otohakase1205)です。

研究サロンへのご加入はこちらから。


 大抵の男性ボーカルは高い声が欲しくてボイトレにやってくるんですが、たまに「なんか知らないけど高音でるんですよね〜。」という人がやってきます。

天然ミックスボイス」というやつですね。

この「天然ミックスボイスができる仕組み」というのは別にそんなに難しくないです。

ミックスボイスについて

・ミックスボイスの種類

 巷で言われるミックスボイスとは高い声を出すための技術です。

 音博士のボイトレ理論では、ミックスボイスとはすなわち歌声のことなのですが、それは長くなってしまうので割愛いたします。
(詳細は「本当のミックスボイスの作り方」をご覧ください。完成次第リンクが繋がります。)

 高い声を使いこなすのは超大変で、人によっては「数年レベルで練習を続けても成果が出ない」なんてことも珍しくありません。

 練習に練習を重ねて作り上げた人工的なミックスボイス(人工的な高い声)を人工ミックスボイスと呼ぶのに対し、

理由はよくわからないし全然練習してないのに、何故か綺麗に出せるミックスボイスを天然ミックスボイス(生まれつき・天然のミックスボイス)と呼びます。

天然ミックスボイスの作り方

 ※ここでお話している方法は、あくまでも理屈だけの方法です。調査の結果、この方法で天然になったと思われる人はかなりたくさんいますが、実際に人体実験は行なっていません。

 個人的には天然ミックスボイスになるメリットはあんまりないと思っていますし、オススメはしませんし、責任も取れません。

上記のことを踏まえた上でご覧ください。
(そして後半に記載してある注意事項を必ずご一読ください。)

 天然ミックスボイスを作るのは、ゲームのキャラクターに技を覚えさせるのにちょっと似ています。

・成長期に叫ぶと天然ミックスになる

声変わり前でなければ成立しない

 まず一番大事な前提として、声変わり前でなければこの方法で天然ミックスボイスになることは出来ません
この方法では、声変わりで声帯の形が変わる現象を利用して、声の出し方そのものを作り出します。

 男性は声変わりで声がびっくりするくらい低くなります。1オクターブ前後くらいです。
この時、声帯は分厚く平べったくなって空気抵抗を増やし、音を低くするように変化しています。

 よく「声変わり中で声がカッスカスになってしまいます。」なんて人がいますし、結構多くの人が体験したことある現象だと思いますが、この時期に声帯の形が変わっているので、ここで勝負が決まります。

・変な声で叫ぶのが最も大事

 あ、今声変わり中やん!となったら、続いて「うまく叫べ!」の段階に移行します。

ここでは、カッスカスにならない声で叫びまくってください。
(99%の人は裏声だと思います。)

 ここは正直なんでも大丈夫です。
歌ってもいいですし普通に叫んでも良いですが、、とにかく「カスカスにならない声」を出すことを優先してください。

 適切にこの方法を踏襲するだけで、声変わりが終わって安定してくるころには勝手に高い声が出るようになります。

・実践する際の注意点

 先に述べたように、僕は天然ミックスボイスになることをあまり推奨していません。いかにそのデメリットを記載していますので、必ず確認してから行うようにしてください。

自由度が低い声になる

 天然ミックスボイスの人の多くは、「みんな似たような声」になります。これは声を作るときにみんな同じような形で完成してしまうからです。

そしてその声はプロの綺麗な声には程遠い、「強くて鋭い声」です。

 天然ミックスボイスということで有名な、ゆずの岩沢さんや小田和正さんのような綺麗な声になるには結局、「声を綺麗にするための練習」が必要です。

蛍光灯音先/ゆず

練習がうまくできない

 天然ミックスボイスは喉の形が勝手に高音仕様になるから、何も頑張らなくても高音が出るのですが、それは同時に「応用が利かない」ということでもあります

ちょっとだけ息漏れのある綺麗な声を出そう!と思っても、その微調整をするのが大変です。だっていつも通りやったら勝手に強くなってしまうんですもの。

 漫画のメジャーで、サンチェスっていうピッチャーが「体がストライクゾーンの枠を覚えてるんだ。俺が投げれば自然と枠に当たる」と言ってるのと同じですね。

メジャー、サンチェスの画像
キヨの漫画考察様より引用。

一見完璧に見える状況でも、狙って99%を作り出すのは大変なことです。

まとめ

 天然ミックスボイスは神格化されがちで、それだけで「歌がうまい」という判断基準になったり憧れる人がたくさんいます。

 あくまでも「高い声が出るだけ」なので、その出し方が綺麗とも限りませんし、歌のうまさとは何の関係もありません。

意味もなく神格化されることで、歌っている本人が「俺ってすごいんだ」と勘違いしてしまって失敗していることも少なくないので、お互いに「高い声は出るから有利だけど、歌唱力は関係ない」という認識を持ってもらえたらと思います。

">天然ミックスボイスのよくある誤解はこちらから。

https://otohakase.com/natural-mix-voice-misunderstanding/

リンク切れについて

 「別記事をご覧くださいって書いてるのに、別記事へのリンクがないじゃん!!」という箇所があったら、ご指摘ください。(無記入で送信ボタンを押してもこちらに通知が届くので確認に参ります。)
 その他、ご意見ご要望もこちらからお気軽にご連絡ください。

[contact-form-7 id="657" title="リンク切れ報告フォーム"]

ABOUT ME
音博士
1996年12月5日生まれ。 3歳からYAMAHAに通い絶対音感を取得。 高校生の頃から絶対音感の構造を考えており、大学生の時に友人と絶対音感を取得する方法を確立。 2020年に自身の研究所を立ち上げる。
研究サロン

音博士の研究サロン

「正しい情報さえあれば、一人でも練習を続けられる」という人向けの有料サロンを開設いたしました。

サロン内にあるチャンネル一覧画像

今の自分に必要な知識・欠点や最適な練習方法を受け取ることができます。

対面でのレッスンやトレーニングではなく、情報やコンサルティングのみを行っています。

>> サロンの詳細・加入はこちら

音博士
石原光貴
3歳からYAMAHA音楽教室にて音楽を始める。 高校生の頃から自分・友人の体を使って構造的に発声理論を研究。 大学入学と同時に絶対音感の研究を始め、「絶対音感の作り方」を作成。 20歳よりボイストレーナーとして活動している。
\ Follow me /

POSTED COMMENT

  1. […]  天然ミックスボイスの作り方はこちらから。 […]

  2. […]  実際は練習をしていないのではなく、変声期に特定の出し方を繰り返すことで出来る、いわば養殖みたいなもんなんですが、 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です