ボイトレ

【ため息】「喉締め」を治すには、ため息をつくのが効率的って話

 こんにちは、音博士(@otohakase1205)です。

研究サロンへのご加入はこちらから。


「苦しそうな声」の原因で多いのが、「喉が締まってる状態」です。

「ハイラリ」や「喉締め」と呼ばれることが多いですが、つまりこんな声です。

おてにく様よりご提供いただきました。

特に「ロングトーンが維持できない」人に多く見られる症状ですね。

「喉締め」の治し方

「喉締め」は反射

喉をキュっと締めてしまうのは、反射です。
反射なので、簡単に直すことはできません。

 それを回避するためには常日頃から反射が起きないように慣らしておかなくてはいけません。

まずは、「息を吐くときに喉を開く」ことに慣れましょう。

そのためには、ため息をつくのが一番効率が良いです。

「ため息」で喉を開くことができる

ため息をつきましょう。

 ため息を吐くときには間違いなく喉が開いているます。

その感覚を理解し、いつでも再現できたら最強です。

 「喉を開く感覚」がよくわからない場合は、下記の記事に書いてある練習を試してみてください。

https://otohakase.com/iki-huyasu

真ん中らへんにある練習方法が、「喉を開く感覚」です。

反射を我慢する方法

ある程度感覚が理解できたら、反射を我慢する練習を始めていきます。

ため息をそのまま吸い込んでください。

ため息で「はぁ、、、」とやったそのままに息を吸い込みましょう。

そしてそのまま吐きます。

イメージ的には、興奮した男子高校生です。
できるだけ興奮した感じで、「ハアハアハアハア」やってみましょう。


すると不思議なことに、数秒で「あれ?ちょっと喉落ち着きたいな?」みたいな気分になってきます。


これを我慢してください。

なかなかに大変です。
唾液がすごいから一旦綺麗にしたいんじゃ」とか思うかもしれません。

それも我慢です。
ひたすら、限界が来るまで我慢しましょう。


これで、反射的に喉がキュッとなるのを制御することができます。

この練習をやっているあなたは、さながら犬になったように見えることでしょう。

いつか犬と縄張り争いをする日のためにも、この練習で備えておくのは良いですね。

まとめ

ちなみに、「ロングトーンを維持できない」という人は、「息を吐く力」を改善したら良くなる可能性があります。

肺の中に溜められる空気には限りがあります。

ロングトーンのように息を吐き続ける作業では、「出だし」と「最後」で肺に残っている空気の量が大きく変わります。

そのため同じように息を吐いているつもりでも、体が「このペースで息吐いてたら持たねえよ!」とばかりに息の通り道(声帯)を狭くし、同時に息の量を少なくしてしまいます。

その結果、一瞬なら高い音出るのに、「ロングトーンになると全然できないんだよねぇ」という状態が完成します。

ABOUT ME
音博士
1996年12月5日生まれ。 3歳からYAMAHAに通い絶対音感を取得。 高校生の頃から絶対音感の構造を考えており、大学生の時に友人と絶対音感を取得する方法を確立。 2020年に自身の研究所を立ち上げる。
研究サロン

音博士の研究サロン

「正しい情報さえあれば、一人でも練習を続けられる」という人向けの有料サロンを開設いたしました。

サロン内にあるチャンネル一覧画像

今の自分に必要な知識・欠点や最適な練習方法を受け取ることができます。

対面でのレッスンやトレーニングではなく、情報やコンサルティングのみを行っています。

>> サロンの詳細・加入はこちら

音博士
石原光貴
3歳からYAMAHA音楽教室にて音楽を始める。 高校生の頃から自分・友人の体を使って構造的に発声理論を研究。 大学入学と同時に絶対音感の研究を始め、「絶対音感の作り方」を作成。 20歳よりボイストレーナーとして活動している。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です