ボイトレ

【寒暖差アレルギー】「冬になると鼻が詰まる」原因と治し方

 こんにちは、音博士(@otohakase1205)です。

研究サロンへのご加入はこちらから。


ここ最近、「冬になると鼻が詰まって上手く歌えないんですよね」という悩みをよく相談されるようになりました。

人によって原因は様々ですが、それ、

寒暖差アレルギー

ってやつかもしれません。

寒暖差アレルギーとは?

温度差が7度以上になると発動する

寒暖差アレルギーとは、「暑くなったり寒くなったり、温度の変化が激しいとアレルギーみたいな症状が出ちゃうね!」という病気(?)です。

アレルギー「みたいな」症状、です。
つまり、アレルギーではありません。

正式な名前は「血管運動性鼻炎」と呼びます。

みんな興味ないと思いますが、千葉医学雑誌に投稿された長谷川真也先生の「血管運動性鼻炎の病態に関する研究」という論文によると、

「寒暖差アレルギーの症状は、温度差7度以上で発動しやすい」そうです。

寒暖差アレルギーの症状

寒暖差アレルギーと風邪、アレルギー性鼻炎の違いはこちらです。

寒暖差アレルギー風邪アレルギー性鼻炎
鼻水の状態水っぽい
サラサラ
黄色っぽい
ネバネバ
無色透明だが、
悪化すると黄色
鼻詰まり詰まる
ムズムズする
数日続くが、解消される辛い症状が
長期的に続く
くしゃみ一時的に続くかも3~4回くらい
連続するかも
何度も連続する
ことが多い
出ない38°C以下の
微熱が多い
ほとんど出ない
目や鼻の痒み無い無いある
体のだるさだるいときもあるある悪化するとだるい
サワイ健康推進課様より引用。

当てはまる項目が多い人、もしかしたら寒暖差アレルギーかもしれません。

寒暖差アレルギーの治し方

寒暖差アレルギーの原因は「副交感神経」

寒暖差アレルギーの根本的な原因は、「自律神経の乱れ」と言われています。

つまり、メンタル面から来る不調です。

自律神経とは、体の「緊張・緩和」を操る神経です。
体の至る所に張り巡らされており、鼻の粘膜にもしっかり通っています。

副交感神経が働くと、鼻が詰まる

自律神経は2つの神経で構成されています。

  • 緊張を操る:交感神経
  • リラックスを操る:副交感神経

交感神経が働いてる時、血管は収縮して血圧を高めます。

対照的に副交感神経が働いている時、体はリラックスして血管を膨張させます。

膨張した血管は鼻粘膜を圧迫するため、鼻詰まりを助長させます。

鼻に振動を与えると、「一時的に」治る可能性アリ

寒暖差アレルギー改め血管運動性鼻炎は、「鼻の粘膜が膨張して呼吸を妨げている」状態です。

そのため手っ取り早く粘膜の膨張を解消すれば、鼻から息が吐けるようになります。

「粘膜の膨張を解消する」といえばこちらですね。

鼻の粘膜が膨張して呼吸ができない、つまり「鼻水出ないのに鼻が詰まってる」みたいな症状はこれで改善できます。

根本解決には、自律神経を整えるべき

根本解決のためには、病院でカウンセリングを受けてください。

鼻詰まりだけでなく「そもそも寒暖差アレルギーを治したい!」という方は、「根本的な原因になっている自律神経」を整える必要があります。

自律神経の整え方は、完全に医療行為となるのでここでは説明できませんが、気になる方は必ず病院へ行ってください。

自律神経の乱れは、精神的な不調です。
「放っておけば勝手に治る」「一人であれこれしたら直せる」みたいなものではないので、本当におかしいと思ったら適当に対処せず病院に行ってください。

ABOUT ME
音博士
1996年12月5日生まれ。 3歳からYAMAHAに通い絶対音感を取得。 高校生の頃から絶対音感の構造を考えており、大学生の時に友人と絶対音感を取得する方法を確立。 2020年に自身の研究所を立ち上げる。
研究サロン

音博士の研究サロン

「正しい情報さえあれば、一人でも練習を続けられる」という人向けの有料サロンを開設いたしました。

サロン内にあるチャンネル一覧画像

今の自分に必要な知識・欠点や最適な練習方法を受け取ることができます。

対面でのレッスンやトレーニングではなく、情報やコンサルティングのみを行っています。

>> サロンの詳細・加入はこちら

音博士
石原光貴
3歳からYAMAHA音楽教室にて音楽を始める。 高校生の頃から自分・友人の体を使って構造的に発声理論を研究。 大学入学と同時に絶対音感の研究を始め、「絶対音感の作り方」を作成。 20歳よりボイストレーナーとして活動している。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です